ブログランキング
プロフィール

RIC隊長

Author:RIC隊長
FX歴12年 

今のとこは、なんとかやってます・・・

※2012年からこのブログやってますが、2016年10月8日以前のデーターを飛ばしてしまって無くなってしまいました。

アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待値が1を超えるトレードかどうかの考え方①

 はい( ゜▽゜)/コンバンハポチ


 はい記事の前に今日のTITAN-FXトレード。

スクリーンショット (1666)

 

 2/20 +7,119円 残高95,495円  


 月内に完全原資回復(CB含まない)が見えてきました。٩(*❛▽❛)۶・゚:✩ *:゚ 

 この口座。。。1/27日に10万円入金して2月から本格始動したわけですが、2/3に112,756円の資産高値を付けた後、翌日-45,812円の大損を食らい、そこからしばらく5万~6万円のレンジを推移していたわけですが、なんとかここまで復活できました。

 ぶっちゃけ減資回復の直前がFXでは一番危ない時期ですので、ここからは慎重に行きたいと思います。 一気に減資超えした場合は案外問題ないんですが、その手前でもたつくと何故か無謀なトレードで再アボンすることが多いんでよね。 全部精神的なものですがw


 
 


 こっからトレード期待値の話。

 ある程度FXやってるひとなら「期待値1以上」のトレードを続けなければ勝ちはありえない。ってことはすでによーくわかってると思います。  たとえば利確20Pips 損切り10Pipsで 勝率50%なら期待値は2ですよね? やればやるほど不運な連敗があったとして儲かってゆく計算になります。

 そこで検証になるわけですが、実際に値幅が一定でないリアルチャートで過去検証したものが本当に期待値1を超えてるのか疑問に思う→不安になる→ビビり決済 なんてことになってしまうことも多いとおもいます。

 特に動いた方向に乗れ! なんて手法の場合は・・・

20170202q

 を繰り返すことも多いですよねwww もちろん統計的に上手く行く手法であればそれでも単発的には勝てたりするんですが、こういった場合って勝つことだけを考えてエントリーするんで、当然に損切りする場所よか遥かに小さな値幅で利確することになり・・・本当に期待値が1以上あるのか自分でもよくわからなくなってる場合が多いのではないでしょうか?

 すると逆行でナンピソしたり、思うようにいかないと発狂したりw (私がそうです)するんですよね。

 そこで・・・
20170220w


 このように基本となる1スイングに対して半値で物事かんがえると確率がわかりやすくなるんで期待値1を超えるかどうかが判断しやすくなりました。

 たとえば今日なら。

スクリーンショット (1667)


 半値で止まった後に上に行くのか下に行くのか?どっちが確率が高いか?で判断するわけです。

 トリプルボトムから高値切り上げて切り返したなら上に行く確率は50%以上ありそうですよね? そして50%から流れを変えた1スイングのてっぺんで利確です。 損切りはトリプルボトムのレートに置きます。 50%以上勝てるなら半値ではいるわけですから、損切り利確は1:1で確率が50%を超えた分だけ期待値が1よか増えます。

 運悪くストップにHITしてもそれは運が悪かったってことであきらめもつきますし、なによりも淡々と繰り返せば勝ちが増えてゆく自信にもまります。またブレイクのように必要以上の期待を持たないことも精神的に○だと思ってます。

 こんな考えかたもいかがでしょうか?(・∀・)



にほんブログ村 為替ブログ FX ハイレバトレード派へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
海外FXキャッシュバック
海外FXのスプレッドをキャッシュバックで実質狭める
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ) 銀行振り込手数料無料のタリタリ
人気の海外業者
レバ888倍XM
XM 口座開設
Bitcoin
BitcoinはZaif
検索フォーム
QRコード
QR
ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。